不動産売買仲介と買取との違いは?メリット・デメリットを説明しますの画像

不動産売買仲介と買取との違いは?メリット・デメリットを説明します

不動産 売却


不動産売買には、大きく分けて「仲介」と「買取」の2つの方法があります。しかし、これらは何が違い、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。この記事では、不動産売買の仲介と買取について詳しく解説します。

不動産売買の仲介とは

不動産売買の仲介とは、不動産会社が売り手と買い手の間に立って、不動産の売買契約を成立させる方法です。主に一般の個人のお客様がターゲットになります。仲介業者は、物件の価格設定、広告、見込み客の対応、契約手続き、住宅ローンなどをサポートします。

不動産売買の買取とは

一方、不動産売買の買取とは、不動産会社が直接、売り手から不動産を買い取る方法です。不動産業者はその後、自己のリスクで再販売を行います。

仲介と買取の違い

主な違いは、不動産の買い手が誰であるかという点です。仲介の場合は、不動産会社が新たな買い手を見つける役割を果たします。一方、買取の場合は、不動産会社自身が買い手となります。

仲介のメリット・デメリット

仲介の最大のメリットは、価格設定を売主様が設定できるため物件の適正な市場価格で売却できる可能性があることです。また、専門的な知識を持った不動産会社が手続きをサポートするため、売り手自身が詳しい知識を持っていなくても安心です。

一方、デメリットとしては、買い手を見つけるまでに時間がかかる可能性がありますので購入希望者が現れるまで内見希望者様の都合に合わせて立ち会わなくてはいけませんし現金化のタイミングがコントロールできません。ご売却費用は不動産の売却額が高く成立する可能性は増えますが仲介手数料を支払う必要があります。

買取のメリット・デメリット

買取のメリットは、即時に現金化が可能であること、買い手を探す手間や時間がかからないことです。また、購入検討者は不動産業者になりますのである程度の買取金額を机上査定で把握をして希望金額に合いそうな不動産業者のみの見学になりますので見学回数も少なく広告活動も行わないため回り近所さんに売却活動をバレることなく現金化ができます。

しかし、デメリットとしては、不動産業者は買取をしてリフォーム工事(解体工事)を行い利益を計上した売却想定価格の7〜9掛けでの買取価格になるため、市場価格よりも低い価格での買取となる可能性が高いです。業者は再販のリスクを考慮して買取価格を設定するため、高額な売却を望む売り手にとっては不利になる場合があります。


まとめ

売買仲介と買取、どちらが良いかは売り手の状況やニーズによります。仲介は時間はかかりますが、適正な市場価格での売却が期待できます。一方、買取は迅速な売却と現金化が可能ですが、買取価格は市場価格よりも低くなる可能性があります。

売却を考えている方は、自身の状況やニーズを考慮しながら、どちらの方法が最適かを検討することが重要です。そして、信頼できる不動産会社と共に、適切な売却方法と価格を見つけることをお勧めします。


当社は仲介と買取のどちらも得意です。

当社の不動産コンサルタントは3名すべて業界13年以上。

全員が持家に住んでます。

全員が宅地建物取引士免許を取得しております。

全員が湘南大好きです。


ひがし海岸不動産は茅ヶ崎市を中心に湘南エリアをメインに不動産の売買に特化した会社です。

茅ヶ崎不動産の購入・売却はひがし海岸不動産までおまちしております。

”不動産 売却”おすすめ記事

  • 生前贈与された不動産物件を売却する場合の注意事項、得する税制を解説します!の画像

    生前贈与された不動産物件を売却する場合の注意事項、得する税制を解説します!

  • 不動産売却の流れを解説します!の画像

    不動産売却の流れを解説します!

  • 不動産売却時にかかる税金の種類と、売却時の税関連注意事項を解説します。の画像

    不動産売却時にかかる税金の種類と、売却時の税関連注意事項を解説します。

  • 不動産屋で物件売却の相談をする時に事前に準備しておくべきこと の画像

    不動産屋で物件売却の相談をする時に事前に準備しておくべきこと

  • 不動産所有者が入院してしまったら?!入院中に不動産を売却する方法についての画像

    不動産所有者が入院してしまったら?!入院中に不動産を売却する方法について

  • 不動産をご売却する際、消費税はかかるのか?の画像

    不動産をご売却する際、消費税はかかるのか?

もっと見る