不動産の売買にかかる仲介手数料とは?計算方法や上限金額・相場の画像

不動産の売買にかかる仲介手数料とは?計算方法や上限金額・相場

不動産 売買


不動産の売買に際して、どのような経済的な負担が発生するのかを理解することは重要です。特に、仲介手数料についてはその詳細を知ることが必要です。ここでは、仲介手数料が何であるか、売り手が負担する必要があるのか、計算方法、上限金額、そして一般的な相場について説明します。

仲介手数料とは?

仲介手数料は、不動産売買における取引を円滑に進めるために、仲介業者(不動産会社)に支払う報酬のことを指します。この料金は、物件の探索、価格交渉、契約手続きなど、仲介業者が行う一連の作業の対価となります。

売るときも払うの?

はい、売る際にも仲介手数料は発生します。ただし、売り手と買い手の双方がそれぞれ仲介手数料を支払う形となります。これは、仲介業者が売り手と買い手双方の利益を守るために働くため、双方から報酬を得るという仕組みです。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の計算は、物件の売買価格に対する一定のパーセンテージで行われます。日本では、宅建業法(宅地建物取引業法)という法律で売買価格の3%+6万円に消費税が基本的な計算式とされています。ただし、これは上限であり、実際の手数料は売買価格や地域、物件の種類、仲介業者によって異なる場合があります。

仲介手数料の上限金額と相場

仲介手数料の上限は、日本では宅建業法(宅地建物取引業法)で売買価格の3%+6万円と法律で定められています。これは、消費税を含まない金額です。消費税を含めると、売買価格の3.3%+66,000円となります。

方、相場については、実際には多くの仲介業者が法定上限額をそのまま適用するケースが多いです。


仲介会社は説明義務違反が一番重く罰せられますし、住んだ後に聞いていたら買っていなかったという何かが発覚したら全ての責任を負います。
仲介手数料は不動産取引の保険料との考え方もあります。
ほとんどのかたが初めて不動産を購入(売却)されると思います。
何かあると責任の所在の話になります。
その際にしっかりとした仲介会社を間に入れて不動産取引をされたほうが万が一の時に責任を取らせることができます。
また、その会社独自でのサービスもあったりします。
当社ですと、購入者様にはご自身で選べる家具プレゼント、売却者様には住宅診断や保険を付保しての販売などです。

また、売買価格が非常に高額な場合や、特殊な状況下では、手数料の計算方法が変更されることもあります。例えば、売買価格が1億円を超える場合、その超過分に対する手数料の率が低くなるケースもあります。


まとめ

不動産の売買における仲介手数料は、売り手も買い手も負担する重要なコストの一部です。その計算方法や上限金額を理解することは、不動産取引を進める上で必要な知識となります。しかし、仲介手数料は仲介業者(不動産会社)が提供するサービスの対価であり、適正な価格であればそれに見合った価値を提供してくれるはずです。

不動産取引は一生のうちでも非常に大きな取引となるため、しっかりとしたサポートを受けることが重要です。そのため、仲介手数料の意味について理解し、適切な仲介業者(不動産会社)を選ぶことが大切です。また、必要に応じて専門家の意見を求めることも忘れずに行いましょう。


当社の不動産コンサルタントは3名すべて業界13年以上。

全員が持家に住んでます。

全員が宅地建物取引士免許を取得しております。

全員が湘南大好きです。


ひがし海岸不動産は茅ヶ崎市を中心に湘南エリアをメインに不動産の売買に特化した会社です。

茅ヶ崎不動産の購入・売却はひがし海岸不動産までおまちしております。



”不動産 売買”おすすめ記事

  • 新規公開&写真更新物件です!の画像

    新規公開&写真更新物件です!

  • 不動産売却のみを行う場合と、不動産売却と購入を連続して行った場合での非課税制度を比較しますの画像

    不動産売却のみを行う場合と、不動産売却と購入を連続して行った場合での非課税制度を比較します

  • よくある不動産売買トラブルとその対処方法の画像

    よくある不動産売買トラブルとその対処方法

  • 新規公開&写真更新物件です!の画像

    新規公開&写真更新物件です!

  • 新規公開&写真更新物件です!の画像

    新規公開&写真更新物件です!

  • 不動産売買に避けて通れない!不動産の所有権移転登記の手順と注意事項の画像

    不動産売買に避けて通れない!不動産の所有権移転登記の手順と注意事項

もっと見る