不動産売買において、購入側、売却側、それぞれの非課税制度を解説します!の画像

不動産売買において、購入側、売却側、それぞれの非課税制度を解説します!

不動産お住み替え 購入売却


日本における不動産売買において、購入側と売却側の両方に適用される非課税制度はありません。ただし、それぞれに対して適用される非課税制度や特例が存在します。以下に購入側と売却側の代表的な非課税制度をご説明します。


【購入側の非課税制度・特例】


住宅取得等特別控除


・主な対象: 住宅を取得した個人

・購入した住宅ローンの金利等を所得税から一定額控除する制度

・一定期間自己居住が必要で、取得年から5年以内の期間が一定の要件となります。


住宅ローン減税


・主な対象: 住宅ローンを組んだ個人

・住宅ローンの元金返済額に対して所得税から一定の金額を減税する制度

・住宅ローンの返済期間中に限り、一定の要件を満たす必要があります。


【売却側の非課税制度・特例】


住宅取得等特別控除


・主な対象: 住宅を取得した場合(新築・中古問わず)

・課税対象から一定額を差し引く特別控除

・住宅ローンを利用し、一定期間居住することが条件

*制度の詳細は年度ごとに異なる場合がありますので、最新の法令を参照してください。



所得税・住民税の特例


・主な対象: 特定の条件を満たす自己居住用不動産の売却

・所得税・住民税が一部または全額免除される特例

・購入から一定期間(5年以上)自己居住していることが条件



相続税の特例(不動産評価の軽減特例)


・主な対象: 特定の条件を満たす相続人(自己居住や一定期間の所有など)

・相続税における不動産の評価額を軽減する特例

・相続時の評価額が軽減され、相続税の負担が軽減されます。



これらの非課税制度や特例は、詳細な要件や制度の適用範囲が存在し、年度や法令の改正によって異なる場合があります。売却側や購入側が該当する非課税制度を活用するためには、具体的な状況に応じて専門家や税理士と相談し、最適な非課税制度の活用方法を確認することが重要です。


不動産の売買は大きな取引であり、税金に関する事項は専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。専門家は最新の法律や制度を把握し、具体的な状況に基づいて最適な非課税制度を提案してくれます。


また、非課税制度や特例には要件や条件がありますので、詳細な内容を把握するために法律や税務署の公式情報を参照することをおすすめします。具体的な売買の際には、売却側や購入側の状況に応じて適切な非課税制度を活用し、税金負担を最小限に抑えることができるでしょう。


当社の不動産コンサルタントは3名すべて業界13年以上。

全員が持家に住んでます。

全員が宅地建物取引士免許を取得しております。

全員が湘南大好きです。


また、弁護士や税理士といった専門家にすぐに無料で相談できる窓口もご用意しております。


ひがし海岸不動産は茅ヶ崎市を中心に湘南エリアをメインに不動産の売買に特化した会社です。

茅ヶ崎不動産の購入・売却はひがし海岸不動産までおまちしております。

”不動産お住み替え 購入売却”おすすめ記事

  • 不動産を売買する際のチェックポイント『越境』とは!?の画像

    不動産を売買する際のチェックポイント『越境』とは!?

  • 住宅ローンの残債ありのお住み替え〜不動産売却から購入の流れ〜の画像

    住宅ローンの残債ありのお住み替え〜不動産売却から購入の流れ〜

  • 不動産のお住み変え買い替えの流れや進め方の画像

    不動産のお住み変え買い替えの流れや進め方

もっと見る