湘南鎌倉での住居用土地探し:比較的安価な坪単価ありますの画像

湘南鎌倉での住居用土地探し:比較的安価な坪単価あります

鎌倉市の不動産市場分析を行い、中間所得層が住居用不動産を選ぶ際に考慮すべき地価についての指針を提供します。鎌倉市は、自然美と歴史的建造物が魅力的な観光地として知られており、住宅地価も一定の高さを保っています。以下に、市内の不動産の選び方と地価についてのアドバイスをまとめました。

鎌倉市の不動産市場の特徴

駅近辺の地価の高さ: 鎌倉市内で最も地価が高いのは、和田塚駅周辺で、坪単価が133万円を超えています。これは駅からのアクセスの良さと周辺環境の魅力によるものです。しかし、中間所得層にとってはやや負担が大きいかもしれません。

地価の上昇傾向: 多くの駅周辺で地価が上昇しており、特に七里ヶ浜駅周辺では前年比で10.03%の上昇を見せています。これは、将来的な資産価値の増加を期待できる反面、初期投資が高くなる可能性があります。

中間所得層が選ぶべき地価

適度な地価のエリア選び: 中間所得層には、和田塚駅や七里ヶ浜駅などの高価なエリアではなく、湘南町屋駅周辺(坪単価約47万円)など、地価が比較的手頃で生活環境が良好な地域がおすすめです。これらの地域では、地価が全体的に安定しており、長期的な住宅ローンの負担も軽減されます。

長期的な価値評価を考慮: 地価の上昇が見込まれるエリアを選ぶことは、将来的な不動産の価値を高める一因となります。特に、変動率が5%以上のエリアは、将来的に不動産価値が増す可能性が高いです。

生活環境とアクセスのバランス


生活利便性とのトレードオフ: 鎌倉市の中心部や主要駅周辺は利便性が高いですが、地価も同様に高くなります。そのため、少し駅から離れたエリアでも、公共交通のアクセスが良好で、学校や商業施設が近くにある場所を選ぶと良いでしょう。

総合的なプランニング
中間所得層が鎌倉市で不動産を選ぶ際は、単に地価だけでなく、将来の不動産価値増加の可能性、生活の利便性、そして自身のライフスタイルに合った場所を選ぶことが重要です。市場動向を見守りながら、適切なタイミングでの不動産購入を行うことが、賢明な選択となるでしょう。

当社の不動産コンサルタントは3名すべて業界14年以上。

全員が持家に住んでます。

全員が宅地建物取引士免許を取得しております。

全員が湘南大好きです。

ひがし海岸不動産は湘南エリアをメインに不動産の売買に特化した会社です。

鎌倉不動産の購入・売却はひがし海岸不動産までおまちしております