移住先の不動産を検討する上で考えておくべき、10のことの画像

移住先の不動産を検討する上で考えておくべき、10のこと

湘南移住


移住という大きなステップを踏む際には、新しい生活を始めるための不動産選びが重要な要素となります。選ぶ物件やその地域が、移住後の生活を左右します。ここでは、移住先の不動産を検討する上で考えておくべき10の要点について解説します。


1.生活必需品のアクセス:


スーパーマーケット、病院、学校など、日常生活で必要となる施設へのアクセスを確認しましょう。また、公共交通機関の利用頻度やアクセス性も考慮することが重要です。


2.安全性:


地域の治安状況や自然災害のリスクも重要な考慮事項です。防犯対策や地震対策が十分に整っているかを確認しましょう。


3.予算:


不動産の価格だけでなく、生活費や税金、修繕費用などを含めた総予算を算出しましょう。その上で、ある程度の余裕をもって予算計画を立てることが重要です。


4.物件の状態:


物件の構造や築年数、設備の状態などを詳しく確認しましょう。特に中古物件の場合、建物の寿命やリフォームの必要性を見極めることが求められます。


5.地元のコミュニティ:


地域のコミュニティに馴染むことは、移住後の生活を豊かにする要素です。地元のイベントやコミュニティの活動について調査し、自分が参加できそうなものがあるかを確認しましょう。



6.将来性:


地元の成長予想や開発計画をリサーチすると、物件の再販売価値や地域の活性化度が見えてきます。将来的な見通しを考慮に入れることで、より良い選択が可能となります。


7.ワークスペース:


リモートワークが一般化する中、自宅で働くスペースの確保は重要です。必要なスペースや設備が確保できる物件を選びましょう。


8.ライフスタイルの適合性:


レジャー活動や趣味に合わせた物件選びも大切です。例えば、自然を楽しむのが好きなら、公園や海が近くにある物件を選ぶと良いでしょう。


9.教育環境:


子育て世代の場合、学校や教育環境は大きな選択基準となります。良質な教育環境を提供する地域を選びましょう。


10.現地訪問:


実際に現地を訪れてみることで、その地域の雰囲気や生活環境を実感することができます。現地訪問は、最終的な判断を下す際の重要なステップとなります。


移住は一生に一度か二度の大きな決断です。慎重に、しかし前向きに検討を進めていきましょう。


当社の不動産コンサルタントは3名すべて業界13年以上。

全員が持家に住んでます。

全員が宅地建物取引士免許を取得しております。

全員が湘南大好きです。


また、弁護士や税理士といった専門家にすぐに無料で相談できる窓口もご用意しております。


ひがし海岸不動産は茅ヶ崎市を中心に湘南エリアをメインに不動産の売買に特化した会社です。

茅ヶ崎不動産の購入・売却はひがし海岸不動産までおまちしております。


”湘南移住”おすすめ記事

  • はじめての湘南不動産購入ガイド:2024年鎌倉土地編の画像

    はじめての湘南不動産購入ガイド:2024年鎌倉土地編

    湘南移住

  • はじめての湘南不動産購入ガイド:2024年平塚土地編の画像

    はじめての湘南不動産購入ガイド:2024年平塚土地編

    湘南移住

  • はじめての湘南不動産購入ガイド:藤沢土地編の画像

    はじめての湘南不動産購入ガイド:藤沢土地編

    湘南移住

  • 湘南ベルマーレ平塚ビーチパーク周辺の不動産: 海辺の生活とスポーツの融合の画像

    湘南ベルマーレ平塚ビーチパーク周辺の不動産: 海辺の生活とスポーツの融合

    湘南移住

  • 神奈川県二宮町での住居用不動産購入のメリットの画像

    神奈川県二宮町での住居用不動産購入のメリット

    湘南移住

  • 静かな住宅街と風光明媚な環境が魅力の大磯、不動産購入の際に頭に入れておくべきことの画像

    静かな住宅街と風光明媚な環境が魅力の大磯、不動産購入の際に頭に入れておくべきこと

    湘南移住

もっと見る